1. トップページ>
  2. サービス>
  3. エンジニアリング

Engineering

Engineering CM Plusのエンジニアリングとは?

お客様の立場で支援

CM Plusは、ライフサイエンス系製造業の国内外生産設備投資や施設づくりを、お客様の立場で支援する日本でもユニークなプロフェッショナル・マネジメント会社。CM Plusのエンジニアリングは、複雑系施設の事業計画策定から設計・工事、さらには施設保守までを支援します。まさに、お客様の企画機能や工務機能として、理想的なプロジェクト遂行をお客様と一緒になって遂行する会社です。CM Plusは施設創りを通して、お客様の利益創出に貢献いたします。

お客様が主体となった施設創り

CM Plusの特徴は「透明性」、「柔軟性」そして「技術の信頼性」です。産業施設は、さまざまな要素技術で成り立っています。お客様が持っている生産技術、製造機械ノウハウと、CM Plusが持つ産業施設プロジェクトのプロフェッショナル・マネジメント技術と要素技術を組み合わせることで、お客様が主体となる今までとまったく異なるプロジェクト遂行が可能となります。設計・工事の仕組みのパラダイムシフトを実現することで、新次元の施設創りを可能にします。

ワンストップでも

CM Plusは、プロジェクトの計画段階からPQ、PPQ(PV)まで一貫した思想でプロジェクト支援が可能な会社です。計画・設計・工事、クオリフィケーション・バリデーションをワンストップでご提供。私たちはプロジェクト成功請負人として、お客様とともに歩みます。

Management Technology 4つのマネジメント技術とさまざまな要素技術を駆使

タテ糸とヨコ糸がなければ強く美しい織物が完成しないように、品質の高い生産施設や研究施設を完成させるためには、優れたマネジメント技術と要素技術の両方が必要となります。CM Plusは、医薬品、医療機器生産施設・研究施設プロジェクトのプロフェッショナルとして、4つのマネジメント技術とさまざまな要素技術を駆使し、お客様のプロジェクトを強力に支援いたします。

プロジェクト・マネジメント

プロジェクト・マネジメント

プロジェクト全体の品質、コスト、スケジュールを計画どおり、かつ総合的に管理。絶えず変化し続ける状況に応じて、最も効果的なプロジェクト遂行を行い、お客様に利益をもたらします。

コンストラクション・マネジメント

コンストラクション・マネジメント

生産設備・生産支援設備、および建築・建築設備の引き合い作業の透明性を確保しつつ、廉価にかつ追加費用の発生を最小限に抑え、管理する調達マネジメント。また、工事や据え付け搬入を高い品質で遂行する工事管理マネジメント。これらのマネジメント技術を、コンストラクション・マネジメントと呼びます。

エンジニアリング・マネジメント

エンジニアリング・マネジメント

生産設備をエンジニアリングの核としながら、複雑に絡み合った要素技術を統合し、バランスの取れた施設の設計を実現します。事業化計画/基本計画/基本設計/詳細設計の各段階で、必要なエンジニアリング・マネジメントを行い、最適GMPに合致した施設をつくります。

バリデーション・マネジメント

バリデーション・マネジメント

プロジェクト全体を見通して、プロジェクトの初期段階からVMP、DQ、IQ、OQまで、統一した思想 により無理のないバリデーション管理を実施。PQについても積極的な支援を行います。

CM Plusが有する要素技術

Top Level 日本最大規模かつトップレベルの会社

CM Plusは、ライフサイエンスに特化した、日本で最大規模かつトップレベルのエンジニアリング+GMPコンサルティング会社。お客様にワンストップサービスをご提供いたします。

エンジニアリングフロー

フェーズ1 基本計画段階

実現性の高い基本計画を作り上げることは、プロジェクト成功の第一歩です。お客様の要求仕様(User Requirement=UR)をベースに、実現可能な基本計画策定を行います。

フェーズ2 基本設計段階

基本計画を発展させ、施設の仕様を明確にする段階が基本設計です。この段階で、プロジェクトの重要方針および仕様の80%が決定されるといわれています。現実的かつ合理的な設計を実施し、業者引合い(建築系および生産施設系)の引合い図書のベースを固めます。

フェーズ3 見積引合い段階

適切な引合い図書で見積を行い、高いレベルの査定能力で技術的およびコスト的評価を行うことは、簡単なことではありません。また、将来発生が予測される追加コストを最小限にする手段を講じて、お客様のリスクを最小限にします。

フェーズ4 詳細設計/製作管理段階

選定した施工業者や生産機械ベンダーにより、実施される詳細設計をお客様の立場に立ち、要求通りの品質や工期で行われているかを管理します。

フェーズ5 施工/据付段階

安全、環境、品質、工期をお客様の立場で統括管理し、工事現場で働く関係各社が工事を進めやすい工事環境を構築します。また、生産設備の据付については、建築系の工事進捗と調整を行いながら最適、最短の工事計画の構築支援を行います。

フェーズ6 試運転クロージング段階(IQ/OQ管理)

試運転クロージング段階は、基本計画段階から進めてきたバリデーション管理の最終段階です。適切なIQ/OQ管理を行い、PQ/PPQ(PV)につなげます。
※PQ/PPQ(PV)はGMP Platformサービスにて対応いたします。

さらに詳しいサービスをお知りになりたい方は、下記をご覧ください。

CM Plusがご提供する業務内容リスト一例(プロジェクトフェーズ別、PM・EM・CM・VM別)[PDF]

Merit CM Plus採用のメリット

すべての段階

プロジェクトのどの段階でも、お客様が「必要なサービス」を「必要なだけ」「必要な場所」でご提供

CM Plusは、単なる設計会社でも工事会社でも生産設備ベンダーでもありません。お客様のプロジェクトで必要とされる、どのような種類のプロフェッショナルサービスでもご提供することが可能です。CM Plusの立ち位置は、常にお客様側です。私たちはお客様の利益を守ります。

ワンストップ

計画・設計・工事、クオリフィケーション・バリデーションをワンストップでご提供

CM Plusは、プロジェクトの計画段階からPQ、PPQ(PV)まで一貫した思想でプロジェクト支援が可能な会社です。私たちはプロジェクト成功請負人として、お客様とともに歩みます。

建築と生産の融合

建築施設と生産施設を融合してプロフェッショナルサービスを実施

CM Plusの特徴は、『建築・空調設備・ユーティリティ設備・電気設備』と『生産設備・生産支援設備』の双方を理解して設計、工事管理、バリデーション管理を行えることです。

プロジェクトの成功

CM Plusは、お客様のプロジェクトを必ず成功させます!

プロジェクトは、コスト、品質、工期の3つの要素を、いかにコントロールするかが重要です。CM Plusは、PM(プロジェクト・マネジメント)、EM(エンジニアリング・マネジメント)、CM(コンストラクション・マネジメント)、VM(バリデーション・マネジメント)を駆使して、お客様のプロジェクトを成功に導きます。

Project Formation いかなるフォーメーションにも対応

エンジニアリングコンサルティングにおけるCM Plusのポジションは、サプライヤでもなく、工事会社でも、コンサルでもありません。お客様サイドで、お客様の頭脳・手足となり、真にお客様の立場でプロジェクトを成功に導きます。

プロジェクトフォーメーション

Cost 建設コストを大幅に削減

一括元請発注方式に比べて、分離発注方式のCM Plus方式には、建設コストを大幅に削減できるという大きなメリットがあります。
従来、エンジニアリング会社、またはスーパーゼネコンが遂行していた統括エンジニアリングをCM Plusが行うことで、建築・建築設備、ユーティリティ設備および生産設備のそれぞれのカテゴリーの請負者やメーカーと、お客様が直に設計・工事契約や調達契約を締結することが可能になります。これにより、大幅な建設コストの削減を実現。また、各カテゴリーの請負者が基本計画に基づいて基本設計を行うことで、従来は詳細設計段階で行われていたバリューエンジニアリングが設計の初期段階で行われ、効果的なコストダウンも実現できます。

コストの比較

お問い合わせ